投稿日:

法人の場合は決算書の内容が見られる事になるキャッシング

お金を借りている方々は、個人だけではありません。法人の方々も、それを借りている事が多々あるのですね。いわゆる事業用の資金の為に、お金を借りている法人も多く見られるのです。 ところで法人も、キャッシングを利用している事はあります。その商品は一般個人が利用するとのイメージが強い方々も多いのですが、実際には法人もそれを利用している事も多々あるのです。

何せ事業でお金が必要になる時には、スピードが求められる事があります。余りのんびりしていると、締め切りに間に合わ無くなってしまう事が多いのですね。それではお得意先の要望に応えられなくなってしまう事があるので、できるだけ急いでお金を確保したいと思っている傾向があります。 ちなみにお金を借りる方法としては、公的機関もあるのです。しかしその機関の場合はかなり日数がかかってしまいますので、むしろ前述のような融資商品の方がスピーディーな一面があります。

ところで法人がその商品を利用するとなると、決算書と呼ばれる書面が必要になるのです。いわゆる1年間の所得などの数字をまとめた書面になります。税金の申請をする時には、それは必ず必要になるのですね。 そしてそれは、かなり大切な意味合いがあるのです。金融会社にそれを提出する以上は、もちろん記載内容が重視されるのです。金融会社がその書面の内容をチェックした上で、貸し出し可能かどうかを判定する事になります。ですので売上数字などによっては、法人の場合は断られる事もあるのでしょう。

ちなみに私が先日電車で移動していた時の事ですが、中吊り広告にて法人向けのキャッシングがアピールされていました。決算書が理由で断られてしまった方でも、一度相談してみて下さい等とアピールされていたのですね。それはすなわち、金融会社が決算書の内容を重視している事の証明なのですが。 このように法人の場合は、売上数字が貸し出し可否に関わってくるのが特徴的ですね。個人と大きく違う点の1つだと思います。