投稿日:

親戚の不幸に伴ってキャッシングを真剣に考えた事がある

数年前に、私の親戚の不幸がありました。あの時、私はキャッシングを真剣に検討した覚えがあります。 まず当時の私なのですが、ちょっと資金が不足していたのでね。生活に支障があるレベルの資金不足ではなかったのですが、大きな出費が発生してしまうと、ちょっと困る状況ではありました。そのような時のご不幸なので、何とも悲しい事だと思います。 そしてお金に困っている以上は、何とかしてそれを工面したいと思うものなのですね。ですのであの時私は、金融会社から借りるべきかなと真剣に考えました。

ちなみに私の場合は、安定的な所得はあります。ちょっと日数が経過すれば返す事ができる状況ではありますので、借りるか否かを真剣に考えました。 では結局借りたのかと申しますと、その必要はありませんでした。親切な親類の1人が、私に対してお金をくれたのですね。それでどうにかその危機的状況を回避する事ができました。ですので親類に対しては、とても感謝しています。

そのような事を経験しましたので、私はキャッシングを考えている方々の気持ちがよく分かります。何せご不幸があるとなると、とにかく急ぎますね。あの時は葬式の知らせを聞いた翌日に、葬儀会場に駆け付けなければならない状況でした。一刻を争う状況だったのです。 そのような状況ですと、やはり即日の商品などが望ましいですね。

最近では銀行の多くは即日という言葉を良く使っていますが、当時の私にとってはそれはとても頼もしい商品だと思いました。その申込をすれば、もう当日中に資金を確保する事ができるからです。

そして上記のような状況は、決して珍しくないのですね。そもそも、その融資商品を利用している方々の大部分は、冠婚葬祭が目的なのですね。上記のような葬式のために、資金を確保している方々の人数は大変多いのです。結婚式も同様なのですが。 ですのでその融資商品は、冠婚葬祭をサポートしている役割があるとも言えるでしょう。